c型肝炎から胸腺腫瘍まで様々な病気大百科│解決パターンを行う

笑顔の医師

腰の痛みを生じる疾病

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアとは背骨の中でも特に腰椎部分に起きるヘルニアのことをいいますが、身体の中でも負荷のかかりやすい場所であるため発症率の高い病気です。治療は保存療法が中心ですが、重症の場合は外科手術も選択されます。

もっと見る

恐ろしい病気の予防と対策

人差し指をたてる看護師

心筋梗塞は、生活習慣を改めれば予防することができます。危険因子は喫煙、動物性脂肪と糖分の取りすぎ、運動不足です。また、心筋梗塞の前段階と言うべき狭心症を発症した時点で適切な治療を受ければ、発症を回避できる可能性は大いにあります。

もっと見る

痛みの少ない治療方法

看護師と医師

NK療法はナチュラルキラー細胞とも呼ばれるNK細胞を採血によって採取し、2週間かけて培養することで増やし、それを体内に戻すことで体内のがんに対する免疫細胞を増やすことでがん細胞を殺す治療です。これは患者の体や生活に対する負担が少ないのが大きなメリットです。

もっと見る

特徴を知る

こちらのサイトにc型肝炎のセルフチェック項目があります。一つでも当てはまる方は一度病院で検査することをオススメします。

胸腺腫瘍の治療方法が知りたいならこちらのサイトへ。どんな病気なのか詳しく載っているのでとても参考になりますよ。

病気の特長

okサインの男女

c型肝炎はc型肝炎ウイルスによっておこる肝臓の炎症で、感染者の血液や体液、注射針の使い回しや妊婦から新生児への母子感染などを介して伝わる病気です。急性肝炎と慢性肝炎があります。放置しておくと肝臓が硬くなる肝硬変や肝がんに進みます。症状は無い場合も多いですが、急性の場合かぜのような症状、食欲不振、吐き気、疲労感ときに皮膚や尿の色が黄色くなる黄疸などがでます。c型肝炎ウイルスには、治療に異なる反応を示す6つの遺伝子型があり、日本人に多いのは1b、2a、2b型です。病気の診断はウイルスに対する抗体やウイルス遺伝子の検査によっておこなわれます。c型肝炎の治療では、インターフェロンや最近開発された数種の経口薬が用いられます。また弱った肝臓の働きを助けるウルソなどの薬も使われます。

c型肝炎の食事

c型肝炎の食事は栄養バランスのとれた食品を十分摂って病気を回復させ、かつ健康的な体重を維持することが重要です。炭水化物はビタミンB群、ミネラルや食物繊維を多く含む玄米などの全粒穀物が勧められ、菓子類など甘すぎるものを避けます。脂肪は低脂肪の乳製品、オリーブ油や魚油で摂り、肝硬変へ進める飽和脂肪を多く含む動物性脂肪や揚げ物、全乳やトランス脂肪を避けます。傷ついた肝細胞を修復する蛋白質は赤身肉、卵白、無脂肪のヨーグルトや牛乳、魚や豆類で摂り、抗酸化物質であるビタミン類を多く含む野菜や果物も十分摂取します。カフェイン入りのコーヒーが慢性肝炎から肝硬変への進展を遅らせるという報告があります。一方肝臓に害のある塩分、鉄分やアルコールは多く摂らないように制限します。